in

差別懸念、国策の傷深く「いまさら」補償断念…ハンセン病法施行1年


写真:

差別懸念、国策の傷深く「いまさら」補償断念…ハンセン病法施行1年

ハンセン病の元患者家族に国が補償金を支払う法律が施行されてから約1年。申請件数は厚生労働省が推計する… このままもっと読む

 西日本新聞

ANAHD、有利子負債がJALの4.7倍に膨張…「打倒JAL」の拡大戦略で経営悪化

コロナ禍でニーズ拡大 「いのちの電話」の現状とは 川崎センター 有田事務局長に聞く 川崎市高津区