in

【ヒロシマの空白 被爆75年】米軍返還の組織標本劣化 広島大原医研、デジタル化検討


写真:1945年11月までに亡くなった人の骨髄の組織標本。いずれも染色されている。保存状態が比較的良い(上)は細胞が青紫の小さな点として見えるが、劣化が進む(下)は色あせて見えにくい(広島大原医研提供)

【ヒロシマの空白 被爆75年】米軍返還の組織標本劣化 広島大原医研、デジタル化検討

占領下で米軍に接収されて1973年に日本へ返還された被爆学術資料のうち、広島原爆の犠牲者の組織標本が… このままもっと読む

 中国新聞

精神科病院、感染確認1カ月 風評被害、差別浮き彫り 院長ら「過酷な現実知って」 兵庫・姫路

「緊急事態宣言」本格検討へ きょうにも準備入り表明か