in

【販売情報付き!】花粉症に悩む方に朗報!最新グッズ情報

花粉症に悩む方にとって、今回の新型コロナウィルスの感染拡大による影響は計り知れないものがあるかと思います。マスクは品薄の状況が続き、販売されていても通常より高値であったりと、入手するのにも一苦労です。

そうした状況を受けて、ようやくマスクの転売が禁じられることになりましたが、それはあくまで転売が禁じられるだけの話で、ドラッグスストアなどの店頭に並べられる在庫がすぐに回復するかというと、しばらくの間はそう簡単な話ではないかと思われます。

そうとは言え、花粉症の方にとってマスク無しではいられないこともあり、苦労して入手したマスクを大切に使っている方も多いかと思います。

ただ、メディアの報道などを見ていると、昨今の状況として、マスクをしていても咳をすることをためらわれるような風潮が一部にでてきており、列車内などで実際にトラブルも発生しています。

最近になって、マスクをしていても咳やくしゃみを我慢しなければならない、そんな最近の風潮に少し変わったアプローチで状況を改善しようという動きが出てきています。

その一つが、「花粉症です」と書かれた缶バッジです。花粉症の他には、同じく咳の症状が出るぜんそく用のものなど、「このセキうつりません」といった缶バッジが販売されています。

写真はエピピリさんのホームページより

取り扱いをはじめたのは、武蔵小杉にある雑貨屋の「エピリリ」さん。

こちらのお店は「唯一無二のハンドメイド商品を取り扱っております」と謳ってるように、店主さんが製作した消しゴムはんこや全国の作家さんが作ったアクセサリー・ベビーグッズ等を販売しているお店です。

エピピリ
神奈川県川崎市中原区丸子通1-640 ブライトコーポ103
電話:044-948-5451
営業時間:11:30〜17:30
定休日:月曜・祝日(日曜は不定休)

エピピリさんでは商品の販売の他、ワークショップも開催されているようで、そうしたワークショップに参加して自分オリジナルのグッズを作ることもできます。

今回発売された缶バッジが気になった方は、この機会に自分だけのオリジナルグッズを作るのもいいかもしれませんね。

この缶バッジは楽天市場にて購入することも可能です。気になる方は要チェックです。


画像をクリックすると、楽天市場にて詳細を見ることができます。

缶バッジの他には、マスクの外側に付けることができるタグを、福井県坂井市の「柳澤織ネーム」さんが制作したニュースが先日ありました。

 

マスクに明示「花粉症なんです」新型コロナ拡大でユニークなタグ

https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/1045923

 

記事を読むとどうやらこれは市販されているようでは無さそうですが、布マスクを作るハンドメイド作家に無償提供し、縫い付けて活用してもらおうということのようです。

やはりこのタグも、先ほどの缶バッジと同じ効果を狙っていて、マスクに「花粉症なんです」とタグを付けていることで、自分が花粉症だと言うことをアピールできる効果を狙っています。

タグの大きさは縦1.8cm、横5cmで、白地に黒字のタグをはじめとして、ピンク、青、クリーム色系の4種類があるそうです。合計約3000枚を、利用を希望するハンドメイド作家に配る方針とのことです。

マタニティマークをはじめとして、さりげなく自分の状況をアピールできる効果を狙ったグッズはこれまでにもありましたが、今回の缶バッジやマスクに付けるタグなど、こうしたものを利用することで無用なトラブルが少しでも減ることになればいいですね。花粉症に悩む方にとっては今後の展開が気になる朗報だったのではないでしょうか。

「つい仕事以外のことを」慣れない“テレワーク”に戸惑う声も…課題と解決法を聞いた

【大学受験2020】近大の志願者数、暫定1位…8年ぶり減少