in , ,

花粉症による目への影響と対策

花粉症の症状はいくつかありますが、その1つに、目に関する症状があります。

主な症状として、目のかゆみや充血がありますが、さらに症状が進んで結膜炎などにかかる人もいます。

そうしたことから、花粉が多くなるシーズンは目薬が手放せなくなる方も多いのではないかと思います。

目薬には一般的なタイプのものから、目のかゆみや充血など花粉症の症状により特化したものも販売されています。

また、目薬ではなく、目の洗浄を目的とした商品も販売されています。

タイプとしては、小さなグラスのような容器に洗浄薬を入れ、それを目に当てるものがありますね。

目に当てて、パチパチと何回か目を閉じたり開けたりすることで目を洗う仕組みです。

花粉が目に付着した状態では症状が発生する可能性も高くなりますので、それを防止するためにもこのような目の洗浄は一つの対応策になります。

ここまで、目薬や目を洗うための商品について説明しましたが、併せて行うと効果的な方法として、花粉対策用のゴーグルや眼鏡を着用する方法もあります。

ドラッグストアによっては、一年を通して花粉症対策の商品が並ぶようになりましたが、それでも花粉症が多く発生する時期になると専用のコーナーが設けられることもありますので、自分の症状にあわせて薬剤師さんに相談するがいいかもしれません。

花粉症対策とマスクについて

フィルムカメラで遊んでみようRICOH XR500/XR RIKENON編:銀山温泉より