in

花粉症対策とマスクについて

新型コロナウィルスの感染拡大により、マスクの需要が爆発的に増えていますが、それ以外にも花粉症対策としてマスクは欠かせません。

このところの状況としては、ほとんどの方が外出時にはマスクをしている印象です。

営業や接客業など、いわゆる不特定多数のお客様的な人と対応することが多い職種の人はこれまで、職場の方針などでマスクの着用を制限されていた方も多いかと思いますが、2020年の新型コロナウィルスの感染拡大により、そうした職種の方でもマスクの使用を制限されることは少なくなってきたのではないかと思います。

マスクの種類としては、ほぼ全てのちりやホコリをシャットアウトするものは基本ですが、花粉に特化したようなタイプのものも発売されています。

以前から平面で織られているタイプのガーゼのマスクなどはありましたが、最近ではほぼ全ての商品が立体裁断されています。立体裁断をさらに進めて、完全にマスクタイプのものも登場しました。そのタイプが登場した頃は黒色のものが目を引きました。

これまで挙げてきた一般的なマスクの他に、塗るタイプの商品があります。言ってみれば、塗るマスクです。

塗るマスクは顔に塗るものではなく、鼻の中に塗るもので、どちらかというと塗り薬のような感じです。

これを塗ることにより、花粉からのガードが期待できるという商品のようです。

これが新型コロナウィルスの感染予防に効果があるのかは不明ですが、事情によりマスクの着用を避ける必要がある方などには、花粉症対策としては便利なものかと思います。

ついに迎えてしまった花粉とのデスマッチ!今買うべき対策グッズ

花粉症による目への影響と対策