in

花粉症治療、年末までにスタートを 舌下免疫療法、助走期間が重要


写真:花粉症の舌下免疫療法では、フリーズドライ加工した錠剤(写真中央)を口に含む方法が主流になりつつあるという(福井大学医学部耳鼻咽喉科提供)

花粉症治療、年末までにスタートを 舌下免疫療法、助走期間が重要

福井県内のスギ花粉の飛散は4月中旬に終わったが、花粉症の症状を和らげる根本的な治療法の一つ「舌下免疫… このままもっと読む

 福井新聞

コリンソンが空港ラウンジの保健衛生およびデジタル化に関する新たな基準を作成

第二波はすぐ目の前に! いまこそ気を引き締めて(JINSEIのスパイス!第79回)